オルニチンを含んでいる食品

オルニチンといえば疲労回復や二日酔い防止や美容に効果があるなど、とにかく魅力的な成分なのですが、この成分は沢山の食品に含まれているので紹介していきたいと思います。

まず良く知られている一般的なものとしてしじみです。
しじみには100gあたり10~15mgのオルニチンが含まれており、一番とりやすい食品です。
味噌汁やパスタや吸い物など様々な料理方法で食べる事が出来ます。
http://www.hoppouen.jp/では、しじみに含まれている他の成分についてや、しじみのおいしい料理レシピが紹介されています。

次にマグロです。
マグロには100gあたり2,0~7.0mgのオルニチンが含まれており、あまり食べる回数が少ない食品です。
刺身が一般的で、料理方法はあまりありません。

次にヒラメです。
ヒラメには100gあたり0.5~4.0mgのオルニチンが含まれており、一週間に一回はどこの家庭でも取り入れている食品です。
煮物が一般的で、料理方法はあまりありません。

次にチーズです。
チーズには100gあたり0.7~8.0mgのオルニチンが含まれており、比較的食べる事が多い食品です。
パンに載せて食べたり、とろけさせてチーズフォンデューにしたり、お酒のつまみとしても食べれます。

次にパンです。
パンには100gあたり0.5mg程度のオルニチンが含まれており、朝食として食べる機会が多い食品です。
焼いて食べるが一般的で、半分に切ってサンドイッチにする事も出来ます。

最後にえのきだけです。
えのきだけには100gあたり12mg程度のオルニチンが含まれており、こちらはあまり食べる機会が少ない食品です。
鍋料理やスープ料理でよく使用します。

このように一般的に知られているしじみの他にも5種類ものオルニチンを含んでいる食品があります。
上手くかけあわせて、一日に必要な理想量になるようにしましょう

http://info.toei-anim-inst.jp/annzennsei.htmlではオルニチンの安全性が載っています。
健康をサポートするのに役立つ成分なので、是非みなさんも積極的に摂ってください。