オルニチンの歴史

オルニチンといえばしじみに含まれている成分なのですが、ではいつからこの成分が知られるようになったのかと考えた事がある方もいるのではないでしょうか?
学校の義務教育でもオルニチンの成分に関しては学ぶ事もなく、大人になったからといって自然に知れる言葉でもないので、そもそもオルニチンの歴史について学ぶ機会自体がないと思います。
そんなオルニチンの歴史をここで話していきたいと思うのですが、オルニチンのそもそもの始まりは江戸時代までさかのぼるのですが、しじみ売りが籠にいれて販売していた事が始まりと言われています。

そのしじみを食べた人がいつもより元気になったり、風邪などの病気にかからなくなったため、しじみを食べる事は健康を維持する事が出来るという認識が広がっていき、沢山の方に食べられたのです。
これがオルニチンの成分の効果の始まりになるのですが、当時はしじみの成分がオルニチンでどのような効果があるという科学的根拠はなかったのですが、実際に食べた人が効果を出した事から健康食として活用されてきたのです。
そして現代になり、科学的にしっかりとしじみの成分が解明されて、私たちは確信を持ってしじみの健康成分であるオルニチンを体に取り入れているのです。